【まとめ】NFT専門用語を初心者向けにわかりやすく解説!

【まとめ】NFT専門用語を一気に解説!

こんにちは、とぉです。

ブロガー×クリエイターで副業しつつ、「自分で人生をデザインするヒント」を発信しています。

本記事ではこんなお悩みに答えていきます!
  • NFTに関連する用語を学びたい

NFTに関する用語の中には、聞いたことのない言葉がたくさんあるかと思います。「NFTに興味を持ったけど、専門用語が多すぎてよく理解できない」という方は、ぜひ本記事を参考にしてみてください!

目次

NFT専門用語の一覧

NFT専門用語の一覧

では早速23語一気に解説していきます!!

NFT(Non-Fungible Token)

NFTとは 、代替不可能なトークンという意味になります。

NFTとはNon-Fungible Toakenの略で、ブロックチェーン上でユニークなデジタルアセットを表すトークンのことで、芸術、音楽、動画、ゲームなどのデジタルコンテンツを表現できます。

すごく簡潔にいうと、代替不可能な(コピーができない)デジタルデータのことをNFTと言います。

NFTの最大の利点は、ブロックチェーン上で所有権が確認できるため、デジタルアセットの取引が安全かつ透明にできることです。

NFTには市場価格があり、取引所やオークションで売買が行われることもあります。NFTの取引には、ウォレットやNFTマーケットプレイスが使われます。NFTは、芸術家、音楽家、スポーツ選手、著名人など、様々な分野で注目を集めています

NFTマーケットプレイス

NFTマーケットプレイスは、NFTを売買するためのオンラインプラットフォームのことです。NFTマーケットプレイスでは、芸術作品や音楽、動画、ゲームのアイテムなどのさまざまなNFTが取引されます。

NFTマーケットプレイスは、新しいビジネスモデルを提供するとともに、クリエイターの作品を紹介するプラットフォームとして注目されていますが、価格操作や詐欺などのリスクがあるため、取引相手の信頼性を確認することが重要です。

有名なNFTマーケットプレイスとしてはOpensea、Nifty Gateway、SuperRare、Raribleなどがあります。

イーサリアム(Ethereum)

イーサリアムは暗号通貨(仮想通貨)の一種で、NFTの売買などに利用されます。

分散型のブロックチェーンネットワークで、スマートコントラクトや分散型アプリケーションの開発、デジタルアセットの発行・取引が可能です。

NFTはイーサリアム上で発行され、所有することはイーサリアムのネットワークに参加していることを意味し、保管され、取引されます。

ウォレット(Wallet)

ブロックチェーン上のトークンやデジタルアセットを保管するアプリがウォレットです。

仮想通貨のお財布のようなものになります。

ウォレットにはインターネットに接続されるオンラインウォレットと、接続されないオフラインウォレットがあります。資産の管理に関わるものなので、セキュリティ面やサポート面が重要になります。

ウォレットの種類は、保有するトークンやデジタルアセットの種類によって異なります。

有名なウォレットとして「メタマスク」があります。

エアドロップ(Airdrop)

エアドロップは、ブロックチェーン上である条件を満たしたユーザーに無料でトークンやデジタルアセットを配布する方法です。通常、エアドロップは、プロジェクトがコミュニティを拡大し、広告を行い、トークンの普及を促進するために使用されます。

一般的に、エアドロップを受け取るには、特定の条件を満たす必要があります。たとえば、あるブロックチェーン上でトークンを所有している、あるいは特定のソーシャルメディアでプロジェクトをフォローしている場合などがあります。

オープンシー(OpenSea)

オープンシー(OpenSea)は、NFTマーケットプレイスの1つで、Ethereumブロックチェーン上で様々な種類のNFTを販売しています。オープンシーは、NFT作品を販売するためのプラットフォームであり、一般的にアーティスト、クリエイター、ゲーム開発者、デザイナー、アーティファクトの収集家など、様々な分野の人々に使われています。

オープンシーは、販売するNFTの種類や形式に関して柔軟性があります。そのため、デジタルアート、バーチャルランド、スポーツカード、音楽作品、オンラインゲームのアイテムなど、多様なジャンルのNFTを扱っています。また、オープンシーは、ユーザーが自分のNFTを販売するためにも使われています。

オープンシーの取引は、Ethereumのスマートコントラクトを利用して行われるため、取引の透明性が高く、NFTの所有権や価値を保証することができます。オープンシーは、NFTマーケットプレイスの中でも最大級のものの1つであり、世界中のNFT取引に大きな影響力を持っています。

あわせて読みたい
【超初心者向け】OpenSeaの始め方と注意点 OpenSeaでNFTを販売する方法を知りたいな… 本記事はOpenSeaの始め方から、画像のNFT化、NFTの販売方法を解説しています。 この記事でわかること OpenSeaでNFTを販売する...

ガチホ

「ガチホ」は仮想通貨などのデジタルアセットを長期間保有することを指すスラングです。

価格変動に左右されずに、将来的にデジタルアセットの価値が上昇することを期待して保有することで、長期的に利益を得ようという考え方になります。ガチホの投資戦略は、仮想通貨やNFTの世界において広く知られ、特にビットコインなどの長期的な価値の上昇が期待されるトークンでガチホされることが多いです。

ガス代(Gas fee)

ブロックチェーン上でトランザクションを処理する際、マイナーと呼ばれるコンピューターが動作し、トークンを支払うための手数料である「ガス代」が必要です。

トランザクションとは、ブロックチェーン上でのデータのやりとりや取引の単位であり、ブロックチェーン上での取引の安全性と透明性を保証するために欠かせない概念です。

ガス代は、トランザクションの実行に必要な処理能力やネットワークの混雑状況によって決まり、高いガス代を支払うことで処理を早めることができますが、適切なガス代の設定は処理スピードやコストに影響するため重要です。

ギブアウェイ(Giveaway)

ギブアウェイは、NFTやトークンなどのデジタルアセットを無料で配布することを指します。ギブアウェイは、マーケティングキャンペーンやファンコミュニティの拡大など、さまざまな目的で使用されます。

配布されるデジタルアセットは、エアドロップと同様に、ある条件を満たしたユーザーに配布されることがあります。たとえば、Twitter上で特定のツイートをリツイートしたり、特定のユーザーをフォローしたりすることで、無料のNFTやトークンを入手できる場合があります。

クリプト(Crypto)

クリプトは、「暗号化通貨」を指す略称で、仮想通貨全般を表す言葉です。仮想通貨は、暗号化技術を使って作られ、取引の記録や管理がブロックチェーンと呼ばれる分散台帳技術で行われます。クリプトは、従来の金融システムとは異なる仕組みであるため、規制や税制度がまだ整備されていない部分もありますが、近年は多くの企業や投資家が注目し、仮想通貨市場は急速に拡大しています。

ゴックス(Gox)

ゴックスという言葉は、かつて存在したビットコイン取引所「Mt. Gox」の名前から派生したスラング的な表現です。これは、仮想通貨を保管するウォレットや取引所でのトラブルやハッキング事件などが原因で、大きな損失を被った人々を指すことがあります。

また、「ゴックス」という言葉は、仮想通貨やブロックチェーン技術に関する問題に対する懐疑的な見方や批判的なスタンスを表す際にも使われることがあります。

スマートコントラクト(Smart Contract)

スマートコントラクトは、ブロックチェーン上に書き込まれた自己実行可能なコードのことで、ブロックチェーン技術における重要な概念の1つです。スマートコントラクトは、取引に関する契約条件をプログラム化し、その条件が満たされた場合に自動的に取引が完了するように設計されています。

スマートコントラクトは、ブロックチェーン上で自動実行されるため、信頼性が高く、改ざんされることがないという特徴があります。また、取引の中間業者を排除することができるため、より効率的な取引が可能になります。

ジェネラティブ(Generative)

ジェネラティブ(Generative)とは、アルゴリズムによって自動生成されたデジタルアセットのことを指します。ジェネラティブアートの分野においては、コンピューターやソフトウェアを利用して自動生成された芸術作品を指す場合もあります。

ジェネラティブなNFTは、アルゴリズムによって生成されるため、同じ種類のNFTでもそれぞれ異なるデザインや特徴を持っていることが多く、コレクターたちの間で注目を集めています。

ジェネラティブNFTの中で特に有名なものは「CryptoPunks」と「Bored Ape Yacht Club」です。

CryptoPunksは2017年にリリースされ、8×8ピクセルのピクセルアートで表現される10,000種類の異なるキャラクターから構成されます。Bored Ape Yacht Clubは、2021年にリリースされたNFTで、個々のエイプの顔、服、背景が異なります。両方のNFTは、オークションで高額な取引が成立しているため、注目を集めています。

ダオ(DAO)

DAOは、ブロックチェーン技術を利用した分散化された組織の手法であり、トークン保有者による投票やスマートコントラクトを通じた自動化によって、透明かつ効率的な意思決定が可能です。しかし、投票による意思決定の遅れや悪意のある攻撃のリスクも存在します。

ディスコード(Discord)

ディスコードは、主にゲームプレイヤーやコミュニティにおいて使用されるオンラインチャットプラットフォームで、NFTマーケットプレイスやNFTコレクターのコミュニティにおいても重要なコミュニケーションツールとして使用されています。NFTに関する情報共有や意見交換をするためのチャンネルが用意され、NFTに関する情報を共有し、コミュニティを形成するための重要なツールとなっています。

トークン(Token)

トークンは、ブロックチェーン上で取引されるデジタル資産の単位であり、通貨のように使われる場合もあれば、プログラムの利用権限や特定のアセットの所有権を証明するために使われる場合もある。NFTもトークンの一種であり、独自の識別子(ID)を持つ非代替性トークンです。

バーン(Burn)

「バーン」とは、トークンを消滅させることで、流通量を減らすことができ、そのトークンの価値を上げることができる用語です。例えば、NFTの場合、所有することで希少性や価値を高めることができます。

ビットコイン(Bitcoin)

ビットコイン(Bitcoin)は、2009年に発表された分散型の暗号通貨です。ビットコインは、中央集権的な金融機関を介さずに取引が可能であり、ユーザー同士で直接やりとりができます。

ブロックチェーンと呼ばれる公開台帳技術を使用して取引履歴を記録し、ネットワーク上で全体的な合意が取れることで、改ざんや偽造を防止しています。

ビットコインは、アルゴリズムによってマイニング(採掘)され、限られた量しか存在しないため、需要と供給に応じて価格が変動します。世界中で多くの企業や個人によって受け入れられており、仮想通貨市場の中でも最も一般的な通貨の1つです。

ブロックチェーン(Blockchain)

ブロックチェーン(Blockchain)は、分散型の台帳技術で、複数のノード(コンピュータ)がネットワークを構成し、取引履歴を分散して管理するシステムです。データはブロックと呼ばれる小さな単位に分割され、それぞれが一意のハッシュ値を持っています。ブロックには前のブロックのハッシュ値も含まれ、この連鎖をブロックチェーンと呼ばれる長い鎖状のデータ構造で繋ぎ合わせることで、改ざんが困難なデータの一貫性を保証します。これにより、不正な取引の排除や、信頼性の高いデータ管理が可能となっています。ブロックチェーン技術は、分散型アプリケーションやデジタルアセットの取引に広く利用されています。

メタバース(Metaverse)

メタバースは、仮想的な世界であり、現実の社会と同様に、人々がデジタル的に集まって交流し、創造活動やビジネス活動を行うことができるように設計された3Dの仮想空間です。これは、仮想現実技術の発展によって現実的な感覚で操作でき、ユーザーは自分自身のアバターを作成し、他の人々とコミュニケーションを取り、デジタルアイテムを購入したり売ったりすることができます。メタバースは、ゲームやエンターテインメントの場所だけでなく、ビジネスや教育、医療分野などの分野でも使用されることが期待されています。現在、NFTなどのデジタルアセットの取引に使用されているメタバースの例としては、DecentralandやSomnium Space、The Sandboxなどが挙げられます。

メタマスク(MetaMask)

メタマスクは、イーサリアムネットワーク上のトークンを管理するためのブラウザ拡張機能で、イーサリアムベースのアプリケーションやDApp(分散型アプリケーション)を利用するために必要なものです。

MetaMask(メタマスク)とは仮想通貨のお財布(ウォレット)になります。イーサリアム系のウォレットで、仮想通貨の管理に使用します。

ミント(Mint)

「ミント (Mint)」は、NFTの生成を指す言葉で、新しいNFTを作成するために必要な処理です。一般的には、NFTを作成するためには、NFTのオリジナルのアセットとなるデジタルファイルを用意し、それをブロックチェーン上のスマートコントラクトにアップロードして、トランザクションを実行する必要があります。このとき、スマートコントラクトは、NFTを生成し、それを発行者のウォレットに送信します。NFTが正常に生成された場合、それは一意で不変であり、その所有権はブロックチェーン上で確認できます。ミントは、NFTを作成するために必要な最初のステップであり、NFTの生成を表す一般的な用語として使われます。

ロイヤリティ(Royalty)

NFTを販売した場合に元の作成者が得る報酬のことをロイヤリティと呼びます。NFTが転売された場合に、元の作成者もその一部を報酬として得られる仕組みです。

大手NFTプラットフォーム「OpenSea」では、ロイヤリティを0~10%の範囲で任意に設定できます。

NFTクリエイターが将来的にもNFTの取引から収益を得ることができ、NFT業界が活発になるために重要な仕組みです。

まとめ

NFTに関連する用語は聞いたことがないものも多いかと思います。実際にNFTをやりながらひとつずつ覚えていきましょう!

ではまたっ

本記事が役に立ったらシェアお願いします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次