【無料ツール】画像の足りない部分や背景を自動生成できるAI

【Leonardo.ai】足りない背景を自動生成できるAI Canvasの機能がヤバい!
とぉ

本記事の執筆者です

  • 現役広告グラフィックデザイナー
  • 8種類以上の生成AIでグラフィック制作
  • 9万PV/月のAIブログを運営
  • XのDMで画像生成AIのアドバイスをたくさんしています
  • 生成AIマンツーマンレッスン始めました

背景以外にも、見切れている頭や腕などの追加生成にも使えます。

Photoshopを使ったことがある方なら分かるかと思いますが、まるで「コンテンツに応じた塗りつぶし」の機能のようです。それよりも精度が高いと言っても過言ではないですね。

AIを使って足りない背景を自動生成したい!

上記の画像のように画像の外側を追加で生成できます。

MidjourneyやStable Diffusionでは実現の難しいLeonardo ai独自の機能です。ぜひ本記事を参考に試してみてください!

Leonardo aiの始め方は「【無料・商用利用可】画像生成AI「Leonardo.ai」始め方を解説!」で解説しています。

あわせて読みたい
【無料】Leonardo.aiの始め方・使い方や商用利用について解説!【画像生成AI】 無料で画像が生成できるAI「Leonardo ai」って? 本記事ではLeonardo aiについて、始め方や使い方をわかりやすく解説しています。 Leonardo aiを1年ほど使い続けた本音...
目次

画像の足りない部分や背景を生成できる「Leonardo ai」とは

MidjourneyStable Diffusionといった有名画像生成AIと同じく、テキストから画像を生成できるAIツールです。操作はブラウザ上で行い、基本的には英語表記、英語プロンプトで操作していくことになります。

生成した画像に対して、さらにブラウザ上で加工を加えられるのが大きな特徴となっています。

さらに注目すべきは「無料で1日150枚まで画像を生成」できるところです。商用利用も可能で、作った画像をグッズ化やNFT化して販売できます。

Leonardo.aiはまだユーザーが少ないため1日150ものクレジットを使えます。ですが今後ユーザーが増えれば無料分が減る可能性もあるため、今のうちにたくさん触ってみてください!

Leonardo.aiでは「AI Canvas」で足りない部分を追加で生成できる

Leonardo aiのAI Canvas機能を使えば、画像の足りない部分を追加で画像生成できます。アップロードした画像に対しても使えるため、画像が足りないって時に便利な機能です。

繰り返し生成すればどんどん画像を広げていけます。プロンプトだけで足りない部分を補おうとすると、検証や手間が増えますが、AI Canvasなら直感的に画像を伸ばせますね。

上記のGIFのように繰り返し生成を行うことで、どんどん画像を広げていけます。

さらに追加の生成部分は一度に数パターン生成でき、検証ができるため、イメージに近い画像を効率よく仕上げることができます。

生成する数だけクレジットを消費しますが、Leonardo aiは毎日150クレジットまで補充されるので、どんどん検証するのがおすすめ。しかも無料で使い続けられます。

他にもLeonardo aiには高度な機能がたくさん備わっています!

あわせて読みたい
【AIイラスト】Leonardo.aiで画像にポーズを指定する「control net」 この記事でわかること コントロールネットとは? ポーズを指定して画像を生成する方法 コントロールネットの注意点 AIイラストでポーズを指定して画像生成したいなぁ… ...
あわせて読みたい
画像を元にAIイラスト生成!Leonardo.ai『Image to Image』の使い方 この記事でわかること Image to Imageとは ラフ画から画像を生成する方法 画像を元に新たな画像を生成する方法 画像を元にAIイラスト生成できるLeonardo aiの「Image to...
あわせて読みたい
Leonardo aiのプロンプト作りのコツ、日本語で生成する方法 この記事でわかること Leonardo aiのプロンプトの基本とコツ Leonardo aiで使えるテンプレート 思い通りに生成できる便利機能 「Prompt Generation」の使い方 画像生成A...

AI Canvasの使い方・足りない背景の生成方法

では背景を自動生成できるAI Canvasの機能を解説していきます。今回はLeonardo aiで生成した画像に対して使ってみます。

画像生成で作った画像なら、プロンプトを入力すると精度が高まるようなので、生成に使用したプロンプトをコピーして流用しましょう。

》Leonardo aiの始め方はこちらをチェック

STEP
あらかじめ生成した画像のプロンプトをコピーしておきます。
AI Canvasの使い方1
STEP
背景を伸ばしたい画像にカーソルを持っていき「Edit Canvas」をクリック。
AI Canvasの使い方2
STEP
AI Canvasが開きます。
AI Canvasの使い方3
STEP
左の矢印ツールで伸ばしたい部分に枠を持ってきます。

このとき枠をある程度元画像に被らせることで、追加生成部分の精度が高くなります。

AI Canvasの使い方4
STEP
コピーしておいたプロンプトを貼り付けて「Generate」で生成
AI Canvasの使い方5
STEP
やじるし部分でパターンを選べます。「Accept」で決定します。
AI Canvasの使い方6
STEP
同じ容量で画像の下も伸ばしてみました。
AI Canvasの使い方7
STEP
生成範囲に画像があまり被っていないと
AI Canvasの使い方8
STEP
上手く生成できないことが多いです。
AI Canvasの使い方9

こんな感じでLeonardo aiの「AI Canvas」の機能を使えば、画像を追加で伸ばしていくことができます。

Leonardo aiの始め方・使い方は『【無料】Leonardo.aiの始め方・使い方や商用利用について解説!【画像生成AI】』で詳しく解説しています!

あわせて読みたい
【無料】Leonardo.aiの始め方・使い方や商用利用について解説!【画像生成AI】 無料で画像が生成できるAI「Leonardo ai」って? 本記事ではLeonardo aiについて、始め方や使い方をわかりやすく解説しています。 Leonardo aiを1年ほど使い続けた本音...

まとめ

Leonardo aiの「AI Canvas」を使えば画像の足りない部分を追加でAI生成できます。追加生成部分もパターンで生成できるため、より良い結果を選んでイメージに近い画像にできます。

頭や顔が見切れてしまった場合にも使えそうですね!

他にもLeonardo aiは画像生成に加えて色々な編集機能が使えます。無料なのでぜひ試してみてください。

あわせて読みたい
【無料】Leonardo.aiの始め方・使い方や商用利用について解説!【画像生成AI】 無料で画像が生成できるAI「Leonardo ai」って? 本記事ではLeonardo aiについて、始め方や使い方をわかりやすく解説しています。 Leonardo aiを1年ほど使い続けた本音...

ではまたっ

本記事が役に立ったらシェアお願いします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次